ブランド品の査定ポイント

査定士が必ずチェックするポイント

普段何気なく使用している
財布やバックなどのブランド品ですが、
新しいブランド品に買い替えた後は
今まで使用していたブランド品は使わなくなりますよね。
そのまま家に眠らせたままになってしまうのも処分するのも勿体ないので
ブランド品の買取を検討する様にしましょう。
傷や汚れが付いているから買取出来ないだろうな…、なんて判断せずに一度査定してみましょう。
自分の想像以上の値段がつく事もあるので眠らせたままにしておくには勿体ないです。
どうせ買取してもらうなら少しでも高い値段で売却したいですよね?
そこで今回はブランド品を査定する際に鑑定士がチェックするポイントについて解説していきます。
ぜひ買取の際に参考にしてみて下さい。

ブランド商品

まずはブランド品のバッグや財布を見るポイント。
第一に見られるのはバッグや財布の持ち手部分です。
持ち手部分は最も消耗が現れやすいので、一番負荷のかかる場所だからです。
また、消耗の現れやすい四つ角や
使用する程くすみが出てくる金具、ファスナーやボタンなどもよく見られます。
また内側やポケットなどの目につかない場所の汚れやくすみによって査定金額が下げられてしまう事もあります。
査定前に金具を磨いたり汚れを落とすことでプラス査定に繋がるのでなるべくメンテナンスする事をオススメします。
次はブランド品の時計を見るポイント。
ブランド品の中でも時計は高価買取しやすい商品ですが状態が悪ければ一気に値段が下がってしまう事もあります。
特に時計のフェイス部分は傷付きやすいので査定の際には必ず確認されます。
また、故障しやすいバックルやブレスの状態、オーバーホールがされているかも見られます。
時計に関しては下手に自分でメンテナンスをしてしまうと逆に買取価格を下げられる可能性もあるので目立つ汚れを取り除く程度にしましょう。